気になる歯科衛生士の転職理由と失敗しない方法
2020.03.27

気になる歯科衛生士の転職理由と失敗しない方法

現在、歯科衛生士として働いている人の中には、転職をしたいと考えている人はいるのではないでしょうか。

いくら、歯科衛生士は離職率が高い職種だといえども、最初から辞めたいと思っている歯科衛生士はいないはずです。

では、なぜこんなにも歯科衛生士を辞めてしまう人は多いのでしょうか。

この記事では歯科衛生士が転職をしてしまう理由と、転職に失敗しない方法を考えていきます。

このページのもくじ [閉じる] [開く]
  1. 歯科衛生士が転職してしまう3つの理由
    1. 歯科衛生士が転職を成功させるために注意したい3つのこと
      1. まとめ

        歯科衛生士が転職してしまう3つの理由

        転職を考えている歯科衛生士は、子育てや、職場に対する不満、院長が嫌い等の様々な理由を抱えています。

        歯科衛生士が転職する主な3つの理由を紹介します。

        人間関係がうまくいかない

        この問題はどこの職場に行っても付きまとう問題なのですが、歯科衛生士が働いている職場では特に、人間関係が問題になります。

        ほとんどの歯科医院は、衛生士、受付等を合わせるとスタッフの約9割が女性で構成されています。

        女性間の関係は派閥や好き嫌いが男性よりも顕著にあらわれるというので、現在歯科衛生士として働いている人の中にも、辛い思いをしながら働いている人が大勢いるかと思います。

        人間関係を修復するのが面倒だと感じたら、新しい職場を見つけるという選択肢を持っておくと良いですね。

        時間外労働が多い

        これは1つの例ですが、人件費などの都合上で、受付のスタッフを専門で雇うことができない歯科医院もあります。

        その場合は、本来は患者さんの診療や施術を担当する歯科衛生士が、受付や事務作業に回される事もありますので、忙しかった場合は時間外労働が発生する可能性があります。

        こういったことを避けるためにも、面接時に就業体系を必ず確認しましょう。

        給料や待遇面に不満を抱えている

        自分が行なっている仕事に相応する給料を、貰えていないと感じている歯科衛生士もかなり多いです。

        歯科医院によって、制度や福利厚生も変わるので、不満を感じたらすぐに院長に確認しましょう。

        給料の少ない原因を探ることができますし、不正が行われている可能性も疑うことができます。また、両者にとって働きやすい環境を作るにはコミュニケーションを取ることは不可欠であります。

        相談しても改善されないようでしたら、転職を行うことをおすすめします。

        歯科衛生士が転職を成功させるために注意したい3つのこと

        歯科衛生士が転職を成功させるには、注意しなければならない3つのことがあります。

        歯科衛生士の皆さんは特に今から紹介する注意点に気をつけるようにしましょう。

        • 転職を行いたい理由を考える
        • 転職先の情報を集める
        • 転職サイトを活用する

        1つひとつ詳しく見ていきましょう。

        転職を行いたい理由を考える

        転職を行いたい歯科衛生士は転職を行う理由を考えましょう。転職を行いたい理由は色々あると思いますが、必ず最初に理由を考えましょう。

        「年収を上げたい」だったら、年収アップを狙った転職先を。「職場の距離が遠い」だったら、通える範囲で転職先を探すべきです。

        理由を先に決めることによって、やらなければならなことが明確になるので、もう1度言いますが自分が転職を行いたい理由を明確にしましょう。

        転職先候補の情報を集める

        人間関係のトラブルを避けたい歯科衛生士の方は特に、転職先候補の情報を入念に集めるようにしましょう。

        自分で足を運んで職場に行くのも良いですし、実際に働いている人から情報を集めるのも良いです。

        情報の集め方はなんでもいいので、必ず転職先候補の情報はできるだけ多く集めましょう。

        転職サイトを活用する

        転職を成功させている多くの人は、転職サイトを活用しています。

        なぜなら、転職サイトに登録することによって、サイトによっては歯科衛士専門のキャリアアドバイザーがつくので、自分の希望に合った求人を紹介してくれます。

        また、転職先候補の内部の深い情報まで知っているので、転職活動の心強い味方となってくれること間違いなしです。

        まとめ

        歯科衛士が転職を行ってしまう理由と、転職に失敗しない方法を紹介していきましたがいかがだったでしょうか。

        歯科医院は現在、コンビニよりも数が多いと言われていますので、転職サイトを使って、自分に合った転職先を見つけるようにしましょう。