歯科衛生士の失敗談から学ぶ!|転職に成功するために必要な3つの方法
2020.04.01

歯科衛生士の失敗談から学ぶ!|転職に成功するために必要な3つの方法

現在、歯科衛生士として働いている人の中には、転職を考えている人がいらっしゃるかもしれません。歯科衛生士の離職率はとても高く、4人に3人の方が転職を経験していると言われています。

さらに、歯科衛生士の数は年々減少しており、1人の歯科衛生士にかかる負担が大きいことが、離職率の高まる原因の1つとなっています。

この記事では、転職が当たり前となっているこの業界だからこそ、現役の歯科衛生士さんに知っていて欲しい、転職に成功するための3つの方法を3人の失敗談から学んでいきましょう。

このページのもくじ [閉じる] [開く]
  1. 転職が上手くいかなかった3人の歯科衛生士の失敗談を紹介
    1. 転職の失敗談から学べる3つのこと
      1. まとめ

        転職が上手くいかなかった3人の歯科衛生士の失敗談を紹介

        転職をする度に必ず誰しもが、不安や期待を抱くのではないでしょうか。しかし、残念年ながら転職を行った歯科衛生士の中には失敗してしまう人もいるんです。

        ここでは、3人の歯科衛生士の失敗談を紹介していきます。

        転職談①:人が少ない|20代(女性)/新卒

        私は、新卒でとある歯科医院に就職しました。就職を決めるきっかけが、研修制度が整っていることと、週休2日を貰えるということでした。

        研修の制度は整っていて、毎日が勉強となっていました。休みの点では、事前の情報と大きく食い違っていたのです。

        私の勤めていた医院では、歯科衛生士さんの数が少なく、新卒にも関わらず仕事の負担が大きかったのです。人数も少ないので、週休2日の公約を守ってもらえたのは月に1回か2回あるかどうかでした。

        そういったことから、私は一年も経たずに転職をすることにしました。

        転職談②:事前に多くの情報を集めなかった|30代前半(女性)/正社員

        私は、30代になってからさらなるスキルアップを目指すべく転職することを決意しました。

        転職が初めてだったもので、何をすればいいのかもわからず、転職を完全に甘くみていました。知り合いにすすめられた職場だから安全だろうと、ほとんど事前に情報を何も調べることなく転職を行いました。

        しかし、実際に職場で働いてみると全く私が欲している経験をえることができず、2年近く働き続けてしまいました。

        今は、毎日素晴らしい経験をさせてもらえる現場で働くことができていますが、あの2年はなんだったんだろうと今でも思います。

        転職談③:最後まで職場に馴染めなかった|30代後半(女性)/パート

        私は子供もある程度大きくなってきたので、パートからでもいいので、歯科衛生士の現場に戻りたいなと思って、都内の歯科医院で仕事をやり始めました。

        ですが、私が働いていた時よりも数倍技術が進歩していて、限られた時間しか出ることのできない私は業務についていくのに必死でした。

        また、周りには若くて仕事のできる歯科衛生士たちがたくさんいて、そんな私に気を遣って話しかけてくれたものの、日々肩身が狭まっていくばかりでした。

        そんなことから、今では転職して自分のライフスタイルに合った働き方を実現させています。おそらく選んだ歯科医院が私に合っていなかったのだと思います。

        転職の失敗談から学べる3つのこと

        3人の失敗談を見てきましたが、これ以外にも様々な失敗談を抱えている歯科衛生士の方が大勢いるはずです。

        ここでは、3人の失敗談から学ぶことができる、3つの転職に失敗しないための方法を紹介していきます。

        ①転職前の情報収集を徹底的に行う

        歯科衛生士が転職を行う時には、転職前の情報収集を必ず入念に行いましょう。情報収集を怠ると、情報を集めるめんどくささよりも、働いてからの辛さの方が優ってしまいます。

        ネットから情報を集めるのも良いですし、希望の転職先に自分で足を運んで情報を集めるのも良いです。

        とにかく、自分の希望する条件に適する職場の情報をたくさん集めましょう。

        ②自分の働き方に合わせた職場を見つける

        転職を考える歯科衛生士は特に、焦らずに自分のライフスタイルに合わせた働き方を実現できる職場を見つけましょう。

        知り合いの歯科衛生士に紹介された職場でもいいですし、ネットを使って希望の求人を探すなど色々な求人の探し方がありますが、妥協せずに働き先を見つけましょう。

        歯科医院の数はコンビニよりも多いと言われているので、必ずあなたの希望に合った職場が見つかるはずです。

        ③1人で問題を抱え込まない

        転職活動を進めていく中で、1人で考える時間も増えますよね。そんな時には、1人では絶対に抱え込まないで下さい。

        同僚や信頼できる歯科衛生士に転職に相談するのもいいですし、今では転職サイトに登録することで、サイトによっては転職アドバイザーに相談することも可能です。転職アドバイザーには、転職で抱えている悩みも相談できますし、自分の希望する求人も紹介してもらえます。

        なので、1人で問題を抱えるのは辞めて、困ったら転職アドバイザーに相談してみるのはいかがでしょうか。

        まとめ

        3人の歯科衛生士の失敗談から、3つの転職に成功するための方法を学ぶことはできましたか?

        仮に、今自分は転職に失敗してるかもしれないと、この記事を見て気づいた人は明日から行動を変えられるはずです。

        現状に不満を抱えたまま働いていてもつまらないので、辞めたいと思っているなら、転職を考えてみてはいかがでしょうか。