歯科衛生士からの転職先は?他業種への転職を成功させるには
2020.09.17

歯科衛生士からの転職先は?他業種への転職を成功させるには

歯科衛生士の仕事は「国家資格」が必要で、安定もしているため、わりと人気が高い職種だと言われています。

しかし、実際に働いてみると「転職したい…」と考えてしまう人も多いようです。

転職活動の進め方や求人の探し方、転職できる業種に関して不安な方が多いのではないでしょうか?

今回は、歯科衛生士からの転職先や転職を成功させる3つのポイントを紹介したいと思います。

この記事を参考することで、転職活動をよりスムーズに進めることができるでしょう。

ぜひ参考にしてください!

このページのもくじ [閉じる] [開く]
  1. 歯科衛生士の離職率は高い?多くの人が転職したい理由とは
    1. 歯科衛生士からの転職を成功させるポイント
      1. まとめ

        歯科衛生士の離職率は高い?多くの人が転職したい理由とは

        では、歯科衛生士が他の職種に転職する場合は、どのような仕事が良いのでしょうか?

        結論から言うと、未経験から目指しやすい「営業職」「販売職」「事務職」が一番魅力的です。

        それぞれ詳しく見ていきましょう!

        事務職・経理職

        未経験から目指しやすい職種と言えば、一番多くあげられるのはやはり事務職でしょう。

        「医療事務」などの専門な資格が必要な職種を除いて、ほとんどの事務職は特定の資格が必要ありません。

        とは言え、事務ではPCによる資料作成のスキルやオフィスの来客対応スキルなどが必要になるため、事前にそういったことを勉強しておくのがおすすめです。

        歯科衛生士から一般事務職に転職となると待遇面が下がってしまうことを不安に感じる人もいるかもしれませんが、後者の給料は安定していて、残業量が少ない求人数は格段に多くなってくるので、そのような不安は要らないでしょう。

        営業職・販売職

        アパレル、化粧品などの「販売職」は、正社員、パート、派遣など様々な業態の求人があります。

        また、「営業職」は業界を問わずほとんどの企業で募集していますから、自分が興味ある分野で働きたい方におすすめします。

        「接客したい」、「自分で商品を売りたい」といった方は、営業職や販売職を目指すといいでしょう!

        年収に関しては求人によって大きく変わりますが、求人数自体が多いため、歯科衛生士の時より収入アップも十分に期待できます。

        歯科衛生士からの転職を成功させるポイント

        「転職を考えているが、転職活動を進める方法がよくわからない…」

        「歯科衛生士から転職する際に気をつけておくべきことはなんだろう・・・」

        と悩んでいる方も多いでしょう。

        そこで、転職を成功させる3つのポイントを紹介したいと思います。

        早めに転職に踏み切ることが肝心

        実は歯科衛生士から他の仕事に転職を考えている人にとって、一番重要なことは早めに転職に踏み切ることです。

        歯科衛生士から美容業界はもちろん、アパレル業界、一般事務業界など、どんな職種であったとしても、若さが他業種転職する際に一番の武器になるからです。

        企業からして見ても、未経験の人材は一から育てる必要があるため、なるべく若い人を欲しがります。

        業界によっても、「未経験者は20代までしか採用しません」などのルールが定められているケースも多いです。

        歯科衛生士として歯科医院での経験を積んでから転職したい方もいると思いますが、他業種へ転職であれば、少しでも早く転職活動を始めることが肝心になっています。

        歯科衛生士の経験を活かすこと

        他業種に転職する際に、歯科衛生士での経験を活かせるかどうかに不安を感じる人が多いでしょう。

        新しい環境で一から頑張ると決心している人もいるかもしれません。

        前職での経験を次の職場で活かそうとする姿勢は面接で高く評価されるポイントです。

        例えば、歯科衛生士の場合は、患者さんと関わるためにコミュニケーションスキルを常に磨いているでしょう。

        また、患者さんの口の中で繊細な作業を行うことで、手先の器用さが身についており、どの業界でもアピールできるポイントになります。

        何より、患者さんの状況に応じて対応しなければならない場合が多いため、そこで生み出す臨機応変の力はどの転職先でも重宝されるはずです。

        応募先の会社が何を求めているのか把握するのが重要

        前述した通り、歯科衛生士の転職を成功させるには、前職の経験やスキルをどう活かせるかを考えることが重要ですが、それと同時にもう一つの大事なポイントがあります。

         

        それは、応募先の会社が何を求めているのかを事前に把握した上で、転職活動を進めることです。

         

        例えば、歯科衛生士の経験を活かして、いくらコミュニケーション力を高めたところで、応募先の会社のニーズに合致しなければ採用担当者から高く評価されません。

         

        転職活動では、自分の経験や希望と企業側が求めるものがマッチすることが重要です。

         

        ミスマッチが生じれば、上手く採用されても後ほど自分から離職を選んでしまう可能性が少なくありません。

         

        とは言え、マッチする企業を探すために、情報収集の力や企業研究が必要とされるので、個人の力だけではどうしても限界があります。

        まとめ

        今回は、歯科衛生士から他業種に転職したい方に、転職先のおすすめ、転職を成功させるポイントについてまとめましたが、いかがでしょうか?

         

        未経験から始められる「営業職」「販売職」「事務職」が一番魅力的です。

         

        そして、歯科衛生士から他の職種へ転職する場合には、まず早めに転職に踏み切ることが大事です。

         

        どんな職種でも、転職活動の際に自分の若さが強い武器になります。

         

        また、応募先の企業が求められるものを前もって把握し、自分の前職の経験やスキルをどう活かすかを常に意識しなければなりません。

         

        よって、ミスマッチを防ぎ、自分の条件に合った転職先を見つけるために、「転職サイト」を利用しながら転職活動を進めることが大切です。

         

        転職を検討中のあなたがこの記事を参考にして、自分にピッタリな職場を見つけられたら幸いです。